二つ折りのメンズの財布のおすすめポイント

お財布は、大切なお金を入れるための重要なアイテムですから慎重に選びましょう。ビジネスマンの場合、くたびれたボロボロのものを持っていては他の人からの印象が悪くなり仕事に差しさわりがあるかもしれません。意外と部下たちは見ているものです。小銭は小銭入れに入れるのもスマートですが、お札は長財布か二つ折りのいずれかに入れることになります。それぞれの特徴を知り、メンズ財布選びの場合は特に自身の生活スタイルも考えた上でどちらがいいかをまず決めるようにしましょう。そのうえで、メンズものならできればシンプルなデザインで、素材は革製の上質なものというのがオシャレ度もアップしておすすめです。まずはお財布の形状からです。メリットデメリットを知っておくと選びやすいでしょう。

ライフスタイルに合わせて選ぼう

女性はお財布を持ち歩くというとカバンの中が定番かもしれませんが、メンズ財布の場合カバンは持たず手ぶらでいたいという方が多いです。ズボンのポケットやスーツの内ポケットが定番の置き場所となるわけです。内ポケットはともかく、ズボンのポケットとなるとコンパクトさが必要となります。そのため必然的に二つ折りを選ぶしかなくなるのです。支払いの際にさっと取り出せる、どこにでも入れることができるというのが二つ折りの特徴であり、ズボンポケットにも入れることが多いメンズならではのライフスタイルに合ったお財布と言えるでしょう。もちろん、カバンを持ち歩くという方はお札を折り曲げることなくそのままの状態で保てる長財布もまたお財布選びのときの選択肢に入れることができるでしょう。

スマートに持つには革がおすすめです

お札やレシート・カードなど何でも入れることができる二つ折りですが、入れた状態で二つに折るのですから厚みが増してくるという欠点があります。もちろん、レシートや領収書など溜め込まないできちんと管理することが大切ですが、できれば二つ折りこそ革製を選ぶのがおすすめです。使っているうちに革が柔らかくなじんでくるのでそれほど厚みが気にならなくなるのです。メンズものを選ぶなら、二つ折りの革製の上質なものを選び、できれば小銭は小銭入れに・レシート類は早めに取り出すようにするなどして丁寧に扱いながら何年も使い続けられればかっこいい使い方と言えるでしょう。支払いの際、レシートや明細書をより分けながらお金を取り出していては、スマートな支払い方とは言えないでしょう。