二つ折りのメンズの財布の魅力を解説

さて本日は二つ折りのメンズの財布の魅力についてお話をさせていただきます。皆さまは現在どのようなタイプの財布をお使いになっていますでしょうか。メンズ用であれば大きく分けて長タイプと二つ折りの財布があるかと思います。そして何故か世界共通でメンズ財布はこの2種類の財布が基準となっておりますので、面白いくらいに長タイプ派が二つ折り財布派かに分かれます。しかし世の中の統計を取ってみると、やや二つ折り財布を使っているビジネスマンの方が多いようです。ではどうしてそう言う結果になっているのか、長タイプと比べた時のメリットとはどんな部分があるのかと言うことについてお話をして行きたいと思っています。その答えは意外にも身近にあるので、おそらく皆さまもなるほどと思っていただけると思います。

二つ折りタイプと長タイプの長所と短所

特に長タイプを使っている方々に対して反対している訳ではないのですが、まずは二つ折りと長タイプのそれぞれの特徴を見てみますと、まず長タイプについては良い点と言いますとお札を曲げないでも収納ができると言うことがあります。またカード収納についても一列にズラッと並んで収納することができます。そのためお札やカードをいつも綺麗にしまっておきたいと言う方には向いています。そして二つ折りのタイプについては形状的な問題から、お札は曲げないといけません。またカード入れも2列か3列に分かれていますので長タイプとは使い勝手が違います。でも二つ折りの利点としてはポケットにしまえるので肌身はなさず失くすリスクが低いと言うことがあります。また日本では小銭も使いますので、長タイプよりもしまいやすくて使いやすいと言うこともあります。そのためカード社会の欧米とは違って日本では二つ折りの方が実用的であると言えるでしょう。

社会人になったら二つ折りのおすすめ

次に社会人になった時のことを考えると、学生の時に比べると仕事をすると言うことから言えるように行動パターンが変わってきますので、財布の中に収納する物が違ってきます。具体的にはクレジットカードや営業の方でしたら精算の時に必要な領収書になります。確かにテレビドラマなどでは長タイプの財布からお洒落にお札やクレジットカードを出す仕草が見られますが、でも実際の生活の中では頻繁に財布の出し入れという動作が多いですので、いちいちカバンから出すのも面倒ですし、またズボンの後ろポケットや上着の内ポケットに入れておくと、何処かで落としてしまったり、電車で擦られてしまうと言うリスクがあります。このようなことから考えると、社会人になると実用性と機能性、そして安全性を考えると長タイプの財布よりも二つ折りの方がお勧めとなるのです。