二つ折りのメンズの財布選びで重視したいこと

財布選びはビジネスマンにとって重要です。職場でのお金の集金のとき、飲み会のときなど部下たちは見ているものです。スマートに支払うためにはボロボロの財布は株が下がってしまいますし、ましてやズボンのポケットからジャラジャラとそのままのお金を出してきて一枚一枚数えて、なんてNGです。メンズ財布というと長財布と二つ折りとがありますが、カバンを持ち歩かないという方ならコンパクトな二つ折りを選ぶようにしましょう。メンズの二つ折りと言ってもピンからキリまでさまざまな種類があります。使い勝手の良さや素材などしっかりとこだわって選びましょう。自分の稼いだ大切なお金を保管するための場所ですし、ビジネスシーンに影響するものなのですから学生時代までとは違うのです。

使いやすいものを選ぶようにしよう

カバンを持たない男性の場合、お財布はズボンポケットやスーツの内ポケットに入れて管理することになるでしょう。そのため大きなサイズの長財布は合わないのです。ただ、メンズの二つ折りと言ってもそのサイズはさまざまです。せっかく購入してもズボンポケットに入らなければ意味がありません。サイズに注意しましょう。小銭入れを別で持つならともかく、そうでなければ小銭が取り出しやすいデザインを選ばないといけませんし、カード類が多いならいっぱい入れられるものが必要です。自身のライフスタイルにぴったりのものを選ぶことで、さっと取り出せて小銭やカードもすっと出すことができて、というスマートな支払い方法が実現するのです。どういったデザインがおすすめかは個人個人で異なるのです。

かさばらないためにも素材は革がおすすめです

長財布と違って二つに折り曲げる二つ折り。そのためどうしてもかさばってしまいがちです。ズボンのポケットがモコモコと膨らんでいる姿は決してかっこいいとはいえません。まずはレシートや領収書など不要なものは取り出しカードも必要最低限にして、きちんと管理しましょう。小銭も貯まりがちなら別で小銭入れがあった方が便利です。その上で、素材は革を選ぶようにしましょう。革製のものも最初のうちは固くかさばってしまうでしょうが、使っていくうちに柔らかくなじんでいくためそれほどかさばりが目立たなくなってくるのです。どうせなら安いものを買ってはかさばらせて、すぐにだめにして、というよりも上質な革製のものを丁寧に扱い、より使いやすいものに成長させていくという方が大人のお財布使いとしてかっこいいでしょう。